HOME  >  コンテンツ  >  メールマガジン  >  サイバーテック通信Vol.41 サイバーテック長期間試用が可能な評価版キットを提供開始

サイバーテック通信Vol.41 サイバーテック長期間試用が可能な評価版キットを提供開始

サイバーテック通信 Vol.41

サイバーテック長期間試用が可能な評価版キットを提供開始

2012年1月4日
発信元:株式会社サイバーテック
http://www.cybertech.co.jp/
CONTENTS
代表取締役 橋元賢次より、新年のご挨拶
注目トピック サイバーテック長期間試用が可能な評価版キットを提供開始
定例セミナー 1月11日(水)XML DB早分かりミニセミナー
1月12日(木)海外ITアウトソーシング早分かりミニセミナー
共催セミナー 1月25日(水)最新IT活用「早わかり」交流会
ゲスト講師 2月10日(金)「page2012」印刷会社が支援する「売れる仕組みづくり」
「ためる」 営業・企画者のためのXMLレシピ
第15回 コンテンツのXML化、そのメリットデメリットを考える
「活用する」 セブ・アウトソーシングセンター便り
橋元の「こてこてブログ」めーる便 ~ 2012年 謹賀新年 ~
編集後記 ~ ナカムのつぶやき ~

代表取締役 橋元賢次より、新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
年頭にあたりまして、サイバーテックを代表してご挨拶を申し上げます。

日本経済は不況脱出の糸口がつかめない状況ですが、それに東北地方太平洋沖地震の発生が追い打ちをかける形で、IT業界もその余波を受けております。

◎続きはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/whats_new/20120101.php

注目トピック/サイバーテック長期間試用が可能な評価版キットを提供開始

株式会社サイバーテックは、2011年12月22日、インフォテリア株式会社と共同で、サイバーテックが提供するXMLデータベース(XML DB)「NeoCoreXMS」とインフォテリアが提供するEAIプロダクト「ASTERIA WARP Lite」を使用したソリューションの提供に合意したことを発表します。

◎プレスリリースはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/press/20111222.php

定例セミナー/1月11日(水)開催
トップシェアベンダーがやさしく解説!XML DB早分かりセミナー

これまでのXML初心者セミナーを、よりわかりやすくリニューアルし、毎月違う事例を、このセミナーだけで公開します。

XMLデータベースについて、ちょっと知ってる人も全然知らない人も、気軽に受講できる内容になっています。XMLデータベースについての初めてのセミナーは、是非こちらを受講してみてください。

・「具体的にどういった時に使われるの?」
・「RDBとの違いは?」
・「今流行りのNoSQLやKVS(キーバリューストア)との違いは?」
・「XML DBは遅いという噂を聞くけれども、本当?」

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/20120111_1.php

定例セミナー/1月12日(木)開催
海外ITアウトソーシング早分かりセミナー

ソーシャルメディアを使ったマーケティング担当者必見!
Facebook/スマホサイトの活用と制作コストダウンの事例教えます。

・「実際にどんな企業がどのように活用しているの?」
・「制作費はどれくらいかかったの?」
・「制作や運用上の課題は?」
など、Facebookなどのソーシャルメディアについては、現場が知りたい情報がまだまだ少ないのが事実です。

本セミナーでは、サイバーテックの制作事例のご紹介を通じて「活用とコストダウン」にスポットを当てたノウハウをご紹介を致します。

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/20120112_2.php

共催セミナー/1月25日(水)開催
トップベンダーがやさしく解説最新IT活用「早わかり」交流会

この交流会は株式会社エヌ・ユー・エス、コクヨS&T株式会社、株式会社サイバーテックの3社で共催し、業務のアウトソーシングを遂行する「情報基盤」としてのIT製品・サービスに注目し、各分野のトップベンダーが「事例」を通じて業務におけるITの活用をご紹介します。
定員30名となっておりますのでお早目にお申込みください。

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/20120125s.php

ゲスト講師/2月10日(金)開催(有料セミナー)
「page2012」印刷会社が支援する「売れる仕組みづくり」

このセミナーでは顧客の先にいる消費者の行動を把握・分析し、実際の来店や購買行動に導くための支援に取り組み始めた事例と、電子書籍制作だけでなく、プロモーションにも関わり、お客さまの信頼を得て、実績を重ねた事例を紹介します。
弊社取締役の小野が講演致します。

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.jagat.or.jp/PAGE/2012/session/session_detail.asp?sh=4&se=34

「ためる」/営業・企画者のためのXMLレシピ

第15回 コンテンツのXML化、そのメリットデメリットを考える

今回は、ずばりコンテンツをXML化するメリットとデメリットについて書きたいと思います。ここで触れるXMLは、コンテンツを保存するデータフォーマットとしてのXMLを指します。プログラミング言語としてのXMLや、再利用を目的としないデータ交換/流通フォーマットとしてのXMLについては当てはまらないと考えて下さい。

◎続きはWebサイトで↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/contents/xmlxmldb/column/xmlrecipe15.php

「活用する」/セブ・アウトソーシングセンター便り

さて、2012年の始まりです。フィリピンではニューイヤーのカウントダウンの時、毎年のことですが、0時と共にあらゆるところで打ち上げ花火、爆竹の嵐です!爆竹・花火を鳴らすのは中華圏の国々のイメージが多いかと思われますが、フィリピンでも行います。

また、これとは別に各家庭のステレオを最大音量でかけるという独特の風習があります。この他「トロット」と呼ばれるラッパを吹くこともあり、この楽器がよく使われるようになったのは、お正月に鳴らす爆竹の被害者(爆竹や花火で火傷をするなど)が後を絶たないため、当時の大統領が爆竹の変わりに「トロット」を使用するよう指令したようです。こんなに騒がしいカウントダウンですが、1月1日の朝からは各教会でミサが行われ、家族そろって参加します。基本的にフィリピンのお正月は日本と比べると、とってもにぎやかに過ごしているようです。

さて、業務の方ですが、最近はCMSの開発案件が徐々に増えてきています。サイトに掲載する情報が一定の固定情報である場合は、HTMLでも事足りますが、例えば、物資の販売会社さんのような場合は、HTMLのみの実装の場合、情報が増えるたびに、全てのページに対しての修正が必須となってしまいます。

その点CMSであれば、固定情報は固定としてそのまま、追加情報をデザインを崩すことなく動的に追加でき、また追加情報の反映が必要なページにのみ、情報を追加することができます。

弊社ではMovableTypeを使ったCSMサイト構築を主に行っておりますが、海外で人気の高いJoomla、Drupal、WordPressにも対応可能ですので、お気軽にご連絡ください!

◎セブ・アウトソーシングセンターのサイトはこちら↓↓↓
http://www.itoutsourcing.jp/

橋元の「こてこてブログ」めーる便 ~ マニラなう ~

皆様、明けましておめでとうございます。
本年もどうか宜しくお願いいたします。

サイバーテックは、1月4日から一年のスタートとなり、私による毎年恒例の「年頭挨拶」からはじまる。なんだか仰々しいが、毎週月曜日にやっている朝礼の拡大版、といったところだろうか。今、ちょうど何をしゃべろうか考えているところ。

今年は一言で言うと・・・・

【中略】

ちなみに「会社からのご挨拶」はこちらにある通り。
http://www.cybertech.co.jp/xml/whats_new/20120101.php

そうはいいつつ、日々前を向いて突き進んでゆくのみ。
さぁ、今年1年、がんばろう!

◎続きは「こてこてブログ」で↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/cybertech1998/

編集後記 ~ ナカムのつぶやき ~

1月を迎え、また新しい1年が始まりましたね。皆さんはお正月をどのように過ごされましたか?

寝正月でゆっくり過ごしたり、年始のセールに出かけたり、それぞれだとは思いますが、海外旅行に行かず日本で過ごしている方はみんな寒かったんじゃないでしょうか?日本には四季があるので、お正月が真夏だったら、また別の風習がたくさんあったんじゃないかなぁ~と思います(^^)寒いのはあまり好きではありませんが、お雑煮たべたり、こたつで過ごしたりするお正月を過ごせて、冬で良かったなぁと思うようになりました!それでは、2012年もよろしくお願いいたします!

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録