HOME  >  コンテンツ  >  メールマガジン  >  サイバーテック通信Vol.34 XML DB連携製品「MTCMS for Neocore」を発表

サイバーテック通信Vol.34 XML DB連携製品「MTCMS for Neocore」を発表

サイバーテック通信Vol.34

6月16日(木)XML DB連携製品「MTCMS for Neocore」を発表

2011年6月16日
発信元:株式会社サイバーテック
http://www.cybertech.co.jp/
CONTENTS
注目トピック(1) 6月16日(木)XML DB連携製品「MTCMS for Neocore」を発表
注目トピック(2) 7月1日(金)「コンテンツのデジタル化でビジネス活性化」セミナー開催
定例セミナー 6月24日(金)「XMLデータベースをもっと良く知ろう」
「集める」 システム開発事例のご紹介
Webカタログ(ワンソース・マルチユース)/金属加工大手 M社
「ためる」 営業・企画者のためのXMLレシピ
第8回 製品マニュアルなどの技術文書のXML化は普及段階へ
「活用する」 セブ・アウトソーシングセンター便り
橋元の「こてこてブログ」めーる便 ~ 「集める・ためる・活用する」が、より具現化! ~
編集後記 ~ ナカムのつぶやき ~

注目トピック(1)/6月16日(木)XML DB連携製品「MTCMS for Neocore」を発表

2011年6月16日、サイバーテックとスカイアークシステムは、サイバーテックのXML DB「NeoCoreXMS」とスカイアークシステムのWebコンテンツ管理パッケージ「MTCMS」を連携したソリューションに関しての協業、そして両社製品を相互に販売する契約を締結した事を発表しました。

◎プレスリリース全文はこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/press/20110616.php

注目トピック(2)/7月1日(金)「コンテンツのデジタル化でビジネス活性化」セミナー開催

この度、7月1日に開催されます「コンテンツのデジタル化でビジネス活性化」セミナーのパネリストとして、弊社クロスメディア開発部長の小野が登壇することとなりました

本セミナーは、近年、出版や電子文書・電子カタログの分野でデジタルメディアが活用できる環境が整ってきたことにより、従来は本格的なコンテンツのデジタル化を阻んでいた要因の多くが変化したことを踏まえて、コンテンツホルダ(出版及び電子文書)がビジネス改善をするためのポイントや注意点を分析し、今後のビジネスの活性化に役立てるセミナーとなっています。

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/20110701s.php

定例セミナー/6月24日(金)開催:「XMLデータベースをもっと良く知ろう」

「今までRDBしか知らなかったけど、XML DBって結局何なの?」「XMLデータベースってどんなことができるの?」「XMLデータベースの製品ってどんなものがあるの?」そんな疑問にお答えする、XMLデータベースの入門セミナーです。XMLデータベースについて、ちょっと知ってる人も全然知らない人も、気軽に受講できる内容になっています。XMLデータベースについての初めてのセミナーは、是非こちらを受講してみてください。

「XMLデータベース入門」
・そもそもXML DBって何?
・XML DBとRDBとの違いは何?
・XML DBは、RDBに置き換わるのか?
・XML DBの得意分野・苦手分野を知りたい
・XML DBにはどんな製品があるの?(サイバーテック製品、他社製品)

◎セミナーの詳細・お申込みはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/seminar/20110624.php

「集める」/システム開発事例のご紹介

Webカタログ(ワンソース・マルチユース)/金属加工大手 M社

【システムの概要・背景】

この会社(従業員約1,200名・国内拠点6箇所・代理店10社)では、数千点の製品を取り扱っており、約200ページの紙カタログと自社サイト上でのWebカタログで販促活動を行っていた。紙カタログの更新は年1回。この他にも、20ページ程度のダイジェスト版カタログを事業部単位で制作し、得意先や代理店に配布していた。Webカタログは、CGIのプログラムとオープンソースのデータベースで作成されており、主要製品のみ公開していたが、必要となる元データが一元化されておらず、散乱していたため、 数千点の製品を提供する本メーカーにとっては新製品展開の遅れや、記載ミスなどが多発していた。これらの悩みを、XMLデータベースによる「ワンソース・マルチユース」により解決することに成功。

◎続きはWebサイトで↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/casestudy/manufacture/ma05/

「ためる」/営業・企画者のためのXMLレシピ

第8回 製品マニュアルなどの技術文書のXML化は普及段階へ

今回は、製造業の設計やテクニカルサポート、保守サービスに関わる業務に欠かせない「マニュアル」について述べたいと思います。「マニュアル」と言っても非常に多岐にアわたるため、今回はその対象を「技術ドキュメント」に絞ってお話をします。技術マニュアルとは、製造業または製品を販売や保守サービスを行う企業が、以下の様なシーンで利用する文書を指します。

◎続きはWebサイトで↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/contents/xmlxmldb/column/xmlrecipe8

「活用する」/セブ・アウトソーシングセンター便り

フィリピンは6月からだんだんと雨季に突入します。
日本に上陸する台風のうちのいくつかはフィリピン北部で発生しているものなので、セブで台風の影響で暴風雨になった数日後に日本のどこかで床下浸水や土砂崩れが起きているのをNHKニュースで目にします。日本もフィリピンも、大雨や台風の時は十分注意が必要ですね。

さて、アウトソーシングセンターの近況としては、5月末から3名が新しく入社しました。将来的に主力メンバとして活躍してくれるようこれから頑張ってもらいます!セブのアウトソーシングセンターではラボ契約を行うこともでき、お客様企業の製品テストやCMSサイトの実装のお手伝いといった業務も行っています。業務の流れとしては、弊社の日本人スタッフが、お客様と日本語で仕様や業務内容、質問への回答を行い、現地スタッフによる作業の実施となっています。
6月末までのキャンペーンも行っていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

◎セブ・アウトソーシングセンターのサイトはこちら↓↓↓
http://www.itoutsourcing.jp/

橋元の「こてこてブログ」めーる便 ~ 「集める・ためる・活用する」が、より具現化! ~

今回は、嬉しいニュースが!!!

電子書籍や電子カタログ、デジタル教材といったコンテンツを閲覧するためのデバイスの多様化と、TwitterやFacebookをはじめとするソーシャルメディアの普及で、Webサイトを通じて企業が発信する情報の量が増えており、Webコンテンツ管理の重要性が高まっている。一方で、出版社や製造業などの企業内には再利用されていないコンテンツが大量に存在しており、コンテンツの戦略的活用や紙媒体との同時発信には、これら社内コンテンツのデータベース化が必須であると言われている。

サイバーテックが推進する「集める・ためる・活用する」の「活用する」部分において、今回新たな製品が・・・・・

◎続きは「こてこてブログ」で↓↓↓
http://blog.livedoor.jp/cybertech1998/

◎プレスリリースはこちら↓↓↓
http://www.cybertech.co.jp/xml/press/20110616.php

編集後記 ~ ナカムのつぶやき ~

6月も半ばになり、蒸し暑い日が増えてきましたね。最近、夏の節電グッズとして、色々なものが店頭に並んでいますが、やはり今年は暑さをどう乗り切るかが問題ですね。今話題の、朝顔やゴーヤを利用したグリーンカーテンでの日差しを遮るものだけではなく、氷や風を利用しての物も多いようです。個人的には首の襟足に保冷剤を巻いて乗り切ろうと思っています。そう言えば、サイバーテックの倉庫にも扇風機があることを思い出しました(^□^)あれは使えるのかな・・・・あとで確認してみます!みなさんも、そろそろ節電ひんやりグッズを探してみてはいかがでしょうか?

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録