XMLに対する取り組み

XMLに対する取り組み

サイバーテックのXMLに対する取り組み

XMLに対する取り組み

軍艦や軍用機のマニュアルを電子化した際の保存性や管理性の観点から、タグで囲まれたマークアップ形式のデータフォーマットとしてSGMLが誕生したのが1986年。SGMLのサブセットとして簡略化されたデータフォーマット「XML」が誕生したのが1998年。そして、マイクロソフト社がOffice2007からXMLに全面変更したのを境に、XMLはマイナーなデータフォーマットから一躍メジャーなデータフォーマットとして、爆発的に普及しました。

XML/XML DBのサイバーテック:XMLの流れ

Office2007では、XMLベースのデータフォーマットであるOOXML(OfficeOpenXML)で保存されます。また、OpenOfficeなどでも、XMLベースのデータフォーマットであるODF(OpenDocumentFormat)が採用されており、文書データのフォーマットとして、XMLはデファクトスタンダードの地位を確立しました。

また、マシンスペックの向上や低価格化に伴い、CSV形式のデータに象徴される従来のデータ管理の概念である「無駄なものは切り捨てて必要なデータのみ管理する」という流れから、XMLをベースとした「将来的に必要かもしれないものはとりあえず保存しておく」という流れに変わりつつあります。そうしたデータの再利用を行い、市場予測や顧客の動向をしっかりつかむことができる企業こそが継続した発展を遂げることが出来るのではないでしょうか。

近年では、様々なデバイスが誕生し、スマートフォンや、タブレットデバイスなど、高性能な端末が普及してきました。近い将来、ごく普通にウェアラブル端末を身につけているかもしれません。

このような人に近い世界のIT化には、従来からある表形式のRDBでは自由な項目追加が不可能であり、融通が全く利きません。人の自由な発想をデータベース化するには、項目追加を自由に行うことが可能である、柔軟なデータフォーマットであるXMLが必要不可欠となります。

サイバーテックは、1998年の創業より「やわらかい(柔軟性の高い)データ管理システムの提供」を追求しております。

自社プロダクトに関しては、設立当初はオープンソースのRDBで柔軟性の高いデータ管理を目指し、様々な取り組みを実施致しました。しかし、高い柔軟性を実現することが困難であるため、より簡単に実現できるXML技術にて実施することを決定し、2001年よりXML技術に特化した事業展開を実施しております。


XML/XML DBのサイバーテック:事業展開

変化の激しい、スピードが求められる現在のビジネスシーンにおいて、やわらかいデータ管理はますます求められます。業務効率を向上させる基盤テクノロジとして不可欠な「XML」のプロフェッショナルとして、皆様方のビジネスイノベーション(事業革新)のお役に立てることが出来ますと幸いです。


「集める・ためる・活用する」...「ワンソース・マルチユース」のメリット

XML技術を応用した代表例となる「集める・ためる・活用する」すなわち「ワンソース・マルチユース」は、データを一元化することにより、Webや組版などの複数用途に展開するという概念です。近年はスマートフォンやタブレットデバイスの登場により、展開可能な用途が増えたことによる注目度は飛躍的に高まっております。

サイバーテックは、データの柔軟性・拡張性・再利用性が求められる「ワンソース・マルチユース」を、XMLデータベースと周辺技術を用いることで、高いレベルで実現します。現在は業界を問わず、様々な企業で使われています。

「集める」 企業内に散乱するデータや、外部から入手できる様々な情報など、どのような情報であっても、柔軟なデータフォーマットであるXML形式で自由自在に収集が可能です。
「ためる」 情報ソースとして蓄積が必要なXMLデータは、しっかりとXMLデータベースで管理。利用シーンに応じて様々なラインナップのデータベースソフトウェアで管理することが可能です。
「活用する」 いくらデータを集め、管理しても最終的に活用しなければ意味がありません。Webでの公開や組版~印刷だけではなく、DVDメディアや今注目のタブレットデバイス・スマートフォンによる展開など、XMLの長所を生かし、様々なかたちで簡単に再利用が可能です。

XML/XML DBのサイバーテック:データソースを入手、XML DBでデータを一元管理、複数のメディアに展開

企業内情報について「集める・ためる・活用する」を実施するメリット

企業内に存在するデータを人手でコピー&ペーストを行い、カタログやWebに出力している場合、システム化により、次のような改善効果が得られます。

1. 元データからのコピー&ペーストによるミスをゼロに(確実な出力)
貼り付け先を間違える・コピー時にデータ欠落に気付かない、などのリスクをゼロにできます。

2. 人手が介在せず、システムでリアルタイムに出力(スピードアップ!)
人手で実施すると、いくら人数を揃えてもある程度の時間が必要ですが、システム化することにより瞬時に出力可能です。

3. オペレーションコストの削減・多展開による営業機会の拡大(収益向上!)
単純にオペレータの人数を極小化できるだけではなく、iPad・スマートフォンなどの最新端末も含めた多展開により、営業機会を増やすことが可能です。

サイバーテックは、企業ユーザに対してこれらを実現し、ITによる社会貢献を実現いたします。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録