カタログコンテンツ管理・自動組版

株式会社廣済堂様

カタログ制作、主にその校正作業における自社社員の負荷を軽減してほしい。そんなクライアントからの要望に、優れたインデックス機能とDTDにとらわれない自由度をもつ、XMLデータベース「NeoCore」を採用した自動組版システムを構築。Web上からのデータ入力を可能にし、校正の手間を省力化した。

カタログコンテンツ管理・自動組版

ProDIX+Adobe InDesign連携商品

株式会社廣済堂

優れたインデックス機能と、DTDに縛られない自由度が魅力
XMLとDTP端末の双方向データ管理で、カタログ制作の効率化を実現

主幹となる印刷業務において、データベースの構築による効率化をいち早く取り入れた廣済堂は、さらに汎用性が高いシステムを目指して自動組版システムを構築した。Web上からのデータ入力を可能にし、校正の手間を省力化した新システムについて、導入の背景と効果を伺った。

株式会社廣済堂様画面キャプチャ

背景

早期に独自の自動組版システムを構築するも、より大規模で汎用的なシステムの必要性を実感

株式会社廣済堂/大川和哉氏の写真印刷事業を中心に、半世紀以上にわたり発展を続けてきた廣済堂。現在は株式会社廣済堂を核に、廣済堂グループとして事業を展開している。出版印刷、商業印刷、新聞印刷、パッケージ・POPなどの特殊印刷を包括した印刷事業の他、国内外のゴルフ場運営、書籍や雑誌の出版など、その事業内容は多岐に及ぶ。さらに、IR事業、IT事業、総合人材事業、求人情報誌・地域情報誌などの情報出版事業も行われている。

グループの核となる株式会社廣済堂は、東京事業部、大阪事業部、情報出版事業部、新聞印刷事業部から構成されている。今回お話を伺ったのは、この中の東京事業部。同事業部の主幹業務は印刷業で、ポスター、チラシ、カタログなどの商業印刷、コミックや書籍などの出版印刷を行っている。また、ITソリューションやWebソリューション、e-ラーニングなどの事業も、同事業部の業務。グループの基礎となる印刷業務を担いながらも新しい業務にチャレンジする、まさにグループの中心的存在である。

新たなシステムが導入されたのは、商業印刷の分野。特に需要が高かったのがカタログ印刷で、商品の写真や文字情報などのデータをデータベースとして活用し、効率化を図る自動組版システムがその実態だ。

「当社は、かなり早い段階で自動組版システムを構築していました。しかし、より高い実用性を求める上では、いくつかの問題点があったのです。例えば、デザイン作業の段階で入った修正がデータベースにフィードバックできない、DTD(Document Type Definition。「文書型定義」の意。SGMLやXMLで文書を記述する際、文中で使用されるタグや属性を定義したもの。)に縛られて自由なデータ入力ができないなどの問題です。」と語る生産技術部 部長の大川氏。

営業本部 部長の三木氏も、営業としての視点から前システムの弱点を指摘した。

「前システムは、汎用性が低いという印象がありました。データをDTP端末に流したらおしまいという感じで、データベースから端末への一方通行という印象が強い。デザイン要素の多いカタログでは、前システムの利用は難しいと判断していました。」


優れたインデックス機能とDTDに縛られない自由度から、「NeoCore」を選択

株式会社廣済堂/小寺淳之氏の写真新しいシステムを早急に構築しなければならない状況は、クライアントからの要望という形で訪れた。

「カタログを発注して下さっているお客様から、カタログ制作に関係する社員の負担を軽減してほしいという依頼を受けました。そのため、早急に新システムの構築に取り組む必要が生じたのです。」(システム開発部 次長 小寺氏)

カタログ制作に関しては、校正作業に多大な時間が取られるという現状があった。

「カタログに載せる商品の情報は、様々な形でお客様から受け取ります。当社ではそれを入力してデータとして使用するわけですが、たとえ1文字でも訂正が入れば、その都度校正が必要になります。カタログによっては、何千点もの商品が掲載されるものがあります。お客様によっては、10数人の社員が数ヶ月に渡って、その校正作業にかかりっきりにならなければならないという状況が生じていたのです。」(三木氏)

株式会社廣済堂/三木幸生氏の写真前システムの弱点は、この点にあった。端末で打ち込んだ訂正データがデータベースに反映されないため、端末での訂正と、データベースの訂正の2度手間が必要になる。データベースの検索機能が不十分なため、データベースに訂正を入れる段階で、違う箇所を訂正するなどのミスが生じる。

そこで、訂正作業を行うたびに、紙面での校正作業を欠かすことができない。このような問題点は、端末で入力した訂正データが、そのままデータベースに反映されるようになれば解決される。新システムでは、特にその点が重要視された。

新しいシステムの構築にあたって「NeoCore」を選択した理由を、大川氏はこう語る。
「まず、優れたインデックス機能。そして次に、DTDにとらわれずにデータが扱える自由度の高さです。」

注目された2つの機能は、提示された問題点の解決を図る上で必要不可欠だった。


システム概要と効果

流用したデータには訂正なし。データベースの構築・利用がより高次元で実現

株式会社プロフィールド/北村昭典氏の写真基本的なシステムの構成は、ProDIX+AdobeInDesign+「NeoCore」。DTP端末のInDesign上での訂正がデータベースに反映されるようになり、入力作業・訂正作業や組版用のデータ作成などの行程が、前システムと比べて大幅に削減されている。

現在のシステムでは、クライアントがWeb上で商品情報の入力作業を行い、そのデータが基幹システムに蓄積される。基幹システムに蓄積されたデータは、XMLデータベースにコンバートされ、DTP端末上で自由に扱うことができる。さらに、端末上でデータに訂正が加えられた場合には、そのデータがデータベースにフィードバックされるので、訂正作業、校正作業が大幅に削減されることになる。

「9月からシステム構築をはじめて、実質的にかかった期間は3ヶ月ほどでした。一見、急に発生した案件に見えますが、実際には、同様の問題点を改善したいというビジョンを、廣済堂様が以前から持っていたんです。その件についてお話を伺っていたので、システム構築に関しては特に問題もなく、スムーズに作業を行うことができました。」(株式会社プロフィールド テクニカルチーフ 北村氏)

同事業部にとっては、システムの改変は当然行うべきことだった。その時期が、クライアントの要望で早まったというのが実情だ。

2005年12月にリリースされた新システムによって、すでに2冊のカタログの制作が行われた。2冊のうちの1冊には、先に制作されたカタログのデータが半分以上流用されている。では、実作業において、新システムの効果はどんなものだったのだろうか。

「1冊目のカタログを制作した時にデータベースに登録されたデータに関しては、2冊目のカタログに流用した段階で、まったく訂正がありませんでした。これによって新システムの実用性が証明されたと思います。お客様も驚いていました。」(営業本部 部長 三木氏)


今後の展開

新システムが真価を発揮するのはこれから。近い将来には、オンラインショップへの活用も期待

株式会社廣済堂/深見拓史氏の写真新システムについて、「これなら、お客様に対して胸を張って自慢できます。営業活動をする上でも、大きなメリットになりますよ。」と太鼓判を押す三木氏。しかし大川氏はシステム運用という観点から、「新しい自動組版システムが真価を発揮するのはこれからです。」と言う。大量のデータがデータベースに蓄積され、検索機能などがフル活用されるようになった時に新システムの真価が発揮される。

また将来への展望として、企画開発部本部長深見氏は、このように語ってくれた。

「信頼性の高いデータベースが構築できたのなら、Webで活用されてこそ本物です。今後は、ネットカタログ、ネットショップという展開が当然視野にあります。そのためには、どのようなWebサイトを制作するか、どのように売れる仕組みを作っていくかが課題ですね。このシステムをベースに、新たなビジネスが展開できる事を期待しています。」

それに対して小寺氏は、「Webに対応できるデータベースを構築した自信はあります。」と明言。近い将来、その展望が現実のものとなって私たちの前に登場する事を期待したい。


システム構成図

株式会社廣済堂様 システム構成図

お客様プロフィール

株式会社廣済堂

株式会社廣済堂 写真
〒108-8378 東京都港区芝4-6-12

  • 設立:1949年1月
  • 社員数:1,310名(2005年3月現在)
  • 資本金:80億円
  • 事業内容:印刷事業、ITソリューション、IR広報、情報出版、総合人材サービス、求人情報メディア、情報メディア開発、地域情報サービスなど
  • URL:http://www.kosaido.co.jp/

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録