設備工事業務管理システムの開発

設備工事会社

製造生産施設の施工大手のT社では、工程管理の「見える化」「共有化」や、法令改正毎に発生するシステム改修コストの削減を、XMLデータベース「NeoCore」とオラクルを用いた、ハイブリッド形式のシステムで実現。ビューワーとなるWebアプリケーションに、アドビシステムズ社のRIAであるFlexを採用することで、操作性の高いユーザインタフェースを提供した。

設備工事業務管理システムの開発/設備工事会社

XML DBを使ったシステム開発実績

設備工事業務管理システムの開発
設備工事会社

業務の種類:ユニークデータ管理/ワークフロー

工程/期間 設計~テスト/約12ヶ月
OS Windows 2003
ミドルウエア DataSpiderServista/Quick Solution for NeoCore
DBMS XML DB 「NeoCore」/Oracle
適用技術 Java/Flex/XML

XML/XML DBのサイバーテック:設備工事会社システム構成図

システムの概要・背景

製造生産施設の施工大手のT社では、エンジニアリング業務において、それまで経験に頼っていた工程毎のすべき事(TODO)やトラブル対応事例の「見える化」「共有化」を行い、作業品質を向上させることが検討されていた。また、工程管理に必要となる各種書類等の項目に関して、年度ごと、あるいは法令改正によって頻繁に変更が入るため、従来から運用しているシステムでは変更の都度システム改修費用がかかるため、柔軟なデータ管理が行えるシステムに対するニーズが高まってきていた。

実現方法としてWebシステムを採用する事で、現場の進捗状況をリアルタイムに本社で把握することを目指した。また、柔軟なデータ管理手法としてXMLを用いる事になり、それらの情報を格納するデータベースとしてサイバーテックが提供するXMLデータベース「NeoCore」が採用された。

システムの特長

工程管理上発生する様々な情報のうち、固定化されたものはRDBであるオラクルにて管理し、今後構造変更が想定される情報に関してはXML化を行い、XMLデータベースである「NeoCore」で管理する方式が採用された。

案件情報自体は基幹システムで管理されているが、案件受注が確定すると、各種関連情報がEAIソフト「DataSpider」により、それぞれ「NeoCore」とオラクルに自動的に格納される。それらのビューワーとなるWebアプリケーションに、アドビシステムズ社のRIAであるFlexを採用することで、操作性の高いユーザインタフェースを提供。また、検索全文検索エンジンに「QuickSolution for NeoCore」を採用することで、さらに精度の高い検索を実現した。

効果

複数部門が関わるプロジェクトの遂行において、情報の共有・要員の管理・進捗の管理・社内システムとの連携が効率良く、スムーズに行われるようになった。また、トータルシステムとしてXML DB+RDBというハイブリッド形式のシステムを提供することにより、法令改正等に伴うシステム改修のコストダウンを実現。

今回の情報化投資において、具体的には以下の課題を解決した。

1. 業務フローの共通化

予算規模、施工内容毎に業務工程の雛形を作成。案件の条件を入力し雛形を自動選択することで、すべき事(TODO)が明確になり経験不足による作業漏れを防止することが可能となった。併せて作業実績の管理を行い、管理者が作業内容に不備がないかのチェックを行い、作業品質の向上を目指すことに成功した。

2. ナレッジの共有

工程毎に必要な申請書を雛形に登録することにより、申請漏れの防止を実現。また、類似工事の不具合実績について自動的に紐付けを行うことで、再発を防止することが可能となった。

3. 法令改正等への対応

法令改正等によるデータ構造の変更に際して、項目の変更が容易であるため、システムトータルとして高い柔軟性を発揮。結果として、システム改修時のコストダウンを実現した。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
電話番号 03-5457-1770 お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録