はじめに~実はオフショア拠点を開設するはずではありませんでした。

株式会社サイバーテックは1998年に創業してから、「ITによる社会貢献」を目指し、日本国内の企業様にXML技術の提供から開始し、XMLデータベース製品の提供や、様々なWebシステムの開発・Webサイト制作や運用保守をはじめとする、Webソリューションとドキュメントソリューションを提供してまいりました。

創業から数年が経過した2003年、海外に渡航したことも無く、パスポートも無かった私が、ひょんなことで当時はまだ目新しかった「オフショア開発」にトライすることになります。最初は中国・上海で実施しましたが、紆余曲折を経て、最終的にフィリピン セブ島に拠点を設置することになりました。

ただし、当初は海外に自社の拠点を設立することが目的ではありませんでした。理由としては、稼働確保・労務管理・コミュニケーションロスなどの面において、リスクが高いわりに得られるリターンは少ないと考えていたからであり、どちらかというと、なりゆきでセブ島に設立した、といったほうが正しいかもしれません。

そもそも、受託開発型・ラボ開発型、それぞれのオフショア開発について、心理的な懸念も含め、以下のような様々な心配事があるかと思います。私も当初はそうでした。

  • 海外エンジニアの活用やオフショアラボの活用に興味はあるが、なかなか一歩が踏み出せない。
  • オフショア開発を既に利用しているが、思ったような効果がでない。
  • 国内で優秀なエンジニアの確保が難しくなったが、アジアのオフショア開発で成功するイメージがもてない。
  • 海外の高い離職率に、ラボ型開発はどう対応するのか?

オフショア委託ですらそのような状態ですから、自社オフショア拠点の設立は大変な困難を伴います。今まで、たくさんの授業料を払ってきましたが、そこで得たノウハウを、安定・安心の日系オフショア・ベンダーとして、ITアウトソーシングやWebシステム開発のプロジェクトに生かす形で、今では「日本人による、日本人のためのオフショア」プロジェクトを多数手がけさせて頂いております。

ここに今までの経緯をまとめさせて頂きましたが、オフショア開発の拠点を自社で持つよりも、まずは先行ベンダーに委託してみることをお勧めします。そのまま問題が無くプロジェクトが進むことに越したことはありませんから。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン