オフショア開発までの道のり~トライアル・受託開発からラボ型開発まで

フィリピン セブ島で実施するオフショア開発~セブ島を選んだ理由から現在までの道のり~ 詳細ページはこちら

オフショア開発やラボ型開発には2003年から携わっています。弊社のイメージは「フィリピン セブ島」かと思いますが、実はオフショアを志向した出発点は、中国の上海でした。
そういったお話や、よく聞かれる「なぜフィリピン?」「なぜセブ島?」といった事まで、ちょっと大げさですが、海外オフショアに携わってきた歴史の集大成として、全15話にまとめました。

  • はじめに~実はオフショア拠点を開設するはずではありませんでした。株式会社サイバーテックは1998年に創業してから、「ITによる社会貢献」を目指し、日本国内の企業様にXML技術の提供から開始し、XMLデータベース製品の提供や、様々なWebシステムの開発・Webサイト制作や運用保守をはじめとする、Webソリューションとドキュメントソリューションを提供してまいりました。
  • オフショア開発を目指した理由と背景2002年当時のサイバーテックは、現在の事業内容とは若干異なり、XMLやオブジェクト指向データベース、といった特殊なスキルが求められる受託開発を大手のSIベンダーから請け負って開発をする、という事業がメインでした。そのような事業体で重要になるのは「エンジニアのスキル・人数・単価」となります。そのような折、たまたま縁故ベースで、上海で日本企業向けにオフショア開発を実施している企業2社が紹介されました。
  • 中国・上海でのオフショア開発をとりまく当時の状況初めて渡航する上海は現在と異なり、当時は物価も安いが人口は多く、オフショアとしては魅力的なエリアでした、浦東地区もテレビ塔ぐらいしか大きな建物は無く、今と全く違う雰囲気でした。かつ上海にオフショア拠点を設立しようとしていた企業はたいてい同じような考えを持っていたかと思いますが、14億人市場へ将来的に自社ソフトウェア製品を開発し、展開する際のセールス・サポート拠点としても活用したい、という思惑が私にもありました。
  • 中国・上海でオフショア開発がいよいよスタート~ラボ型開発で開始今回は初めての海外渡航でしたし、中国や上海のことも全く分からない状況でもあったため、まずは様子を見るつもりでしたが、ハイスペックのエンジニアが人月25万円という安さでその場で提案されました。
  • オフショア開発~パイロットプロジェクトが開始したけれども・・・ラボ型契約では、「オブジェクト指向を理解している」「C++をソースコードレベルで修正することができる」という条件でエンジニアをアサインしてもらいましたが、実際にプロジェクトを進めると、確かにコーディングスピードは速いメンバーがいたものの、すぐにスキルのばらつきが大きいということが分かりました。
  • オフショア開発~パイロットプロジェクトのメンバー離脱エンジニア一人ひとりをみると優秀な人もいたと思いますが、ブリッジマネージャーが社長であるため、そこにボトルネックが発生する状況において、では代わりに日本語と中国語を自由に使えて技術力もあるメンバーを採用しようか、という事も模索しました。しかしながら、そのような人物は当時ほぼ全て自ら会社を興しており、経営者以外でそういったスペックを有する人は全く採用できる見込みはありませんでした。
  • 中国からの撤退~オフショア開発に求めるものを再検討そのような中、プロジェクトメンバーを再度どのようにしてアサインすべきか?という話し合いが現地ベンダーと行われていましたが、そもそも論として、常に工事現場のような、空が見えない上海に渡航するたび、どんどん街が発展し、それとともに物価もどんどん上昇しつつありました。
  • オフショア開発を継続するか否か、という判断中国からは完全撤退する、という判断は行いましたが、ではオフショア開発自体もあきらめるという判断はまだ行っていませんでした。中国で顕在化した「カントリーリスク」「コミュニケーションリスク」の2点が解消でき、かつ十分なコストメリットが得られるのであれば、授業料を払ってせっかく得られた様々なノウハウを活かす意味でもオフショア開発に再トライする、という事はありかもと考えてはいました。ただし再トライするにしても、今回が最後と考えていました。
  • 新しい評価軸で、候補地選定へ。英語によるコミュニケーションが必須以上の流れから、英語圏という条件で、オフショア開発が委託できそうな国、という面と、オフショア委託企業、といった両面でのリサーチを本格的に開始しました。
  • オフショア開発の最終候補地:ベトナムとフィリピン当然、フィリピンとベトナム、どちらも見に行きました。ベトナムはまじめな国民性ということは当時も聞いていましたが、確かにその通りであり、日本人の感性とかなりマッチするのではないか、と考えました。逆にフィリピン人はラテン系というか、明るいのは良いことですが、なんでも笑って済ませるような感じがしたので、日本人の感性に合うのか、とても心配でした。ただ、この物価水準で高い英語力を得る事ができるのは大きなアドバンテージでした。
  • オフショア実施国としてはフィリピンを決定、しかし価格面で問題がオフショア委託をする対象国としてはフィリピンに決定しましたが、どこの都市で実施するか、ということは未決定でした。第一候補は首都であるマニラというのが王道ですが、想像以上に大都市であり、中心部であるマカティ地区は高層ビルがそびえたつ状況。したがって物価水準もそれなりに高いものがありました。
  • フィリピン・セブでオフショア開発~トライアルプロジェクト実施インフラ面含め不安は残るものの、セブを第一候補として、トライアルプロジェクトを2社と実施することにしました。内容としては、XMLデータベース「NeoCore」を活用したナレッジ管理システムの開発をすべく、とりあえずJavaが分かるエンジニアをアサインしていただき、NeoCoreを用いた開発に必須となるXMLの知識は後追いで学習してもらおう、ということになりました。
  • フィリピン セブ島に自社オフショア拠点を開設することにところが、状況が一変します。委託候補先2社のうち1社とは進んでいましたが、もう1社と協議をすすめていた矢先、その企業の日本本社が不祥事にて経営破綻しました。その手の話には非常に敏感なようですが、現実的に現地拠点には全く案件が来なくなったようで、自分たちはこのままで良いのか?という不安から、ばらばらと退職してゆくという状況になりました。同時に、我々がラボ契約しようとしていたエンジニアたちも退職する、という話になりました。
  • オフショア開発拠点設立その後~体制変更などを経て現在は???2006年8月付で拠点を開設してから10年以上たちますが(実際は一年前から現地入りし立ち上げ準備)、メンバー育成も進み、安定した拠点運営がなされています。色々と社外秘のノウハウも存在するのですが、低い離職率である3%という実績が物語る通り(2018年度実績。自発的な退職者のみカウント)、プロジェクト運営においても安定した品質を提供することを実現しております。
  • ふりかえり~自社オフショア拠点をフィリピン セブ島に開設した事は、本当に良かったのか?結論から言えば、自社製品を有しており、かつ確固たるノウハウ(=XML)と、特定分野に強い(=ドキュメント分野)という事業構造があったので、本社から現地に技術移転やノウハウを共有する範囲を絞ることが出来たため、結論としては良かったと思います。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン