アウトソーシングとは?

「アウトソーシング」とは?詳細ページはこちら

企業にとって、業務効率の向上やコストダウン、あるいは繁忙期対応を意識した際に、アウトソーサーに業務委託をする、という方法は効果的です。
ここでは、アウトソーシングの効果的な活用方法や、派遣スタッフとの違い、BPOよりもITスキルが求められる場合に活用すると効果的なITアウトソーシング(ITO)について、第三者的な観点から、長所と短所を交えつつ、まとめてみました。

  • 企業にアウトソーシング・BPOが求められる背景日本では労働人口が今後減少してゆく一方、景気向上により人手不足という状況でもあり、2重の形で人手が足りない現状となっています。そのような状況において、企業にとって業務効率の向上やコストダウン、あるいは繁忙期対応などに取り組む際に、社内のみで解決する方法とは別に、大きな方向性として以下の2通りになるのではないでしょうか。
  • アウトソーシングと下請け・外注の違い(例:Webサイトの運用・運営代行)アウトソーシングは、直訳すると「外部資源の活用」となりますが、従来の外注や下請けと同じではないかと考える方も多いのではないでしょうか。確かに広義には外注や下請け等を含めてアウトソーシングと呼ぶことがありますが、ここで書かせて頂くアウトソーシングは業務の品質を上げつつコストダウンを実現し、企業の収益性を高めていく戦略的な経営手法となります。
  • 効果を最大化できるアウトソーシング・BPOの方法とは?前ページではコストダウンだけではなく、本来目指していた効果を得ることが出来た「Webサイトの運用業務をアウトソーシングすることにより採用活動を成功に導いた事例」についてご紹介しました。こちらの事例では、コストダウンのみを目指したのではなく、むしろコストダウンは副次的な目的であり、本来入手したい別のメリット(担当者の退職に伴う後任を置かなくとも、コーポレートサイトのクオリティを向上させ、Webサイトによる情報配信をスピーディに行い、採用活動を成功させる)を得るためにアウトソーシングを活用し成功しました。
  • アウトソーシング・BPOにおけるメリットとデメリットBPOを含めた、広義のアウトソーシングには多くのメリットがありますが、デメリットももちろん存在します。ここでは6つのメリットと、4つのデメリットを紹介します。
  • IT分野の業務をアウトソーシングする意義・料金の目安アウトソーシングの中でも専門性や難易度が低いものはBPO(Business Process Outsourcing)と呼ばれ、給与計算や経費精算、データ起こしや単純なオペレーション作業など、ビジネス上必要となるプロセスをアウトソーシングするサービスとなります。実施するアウトソーサー側のスキルとして求められるのは一般的な会計知識や、「WORD・Excel・PowerPoint」等のMicrosoft Office関連ソフトウェアの簡単な操作知識のみでOKであるため、アウトソーサーの数も多く、従ってコストが重要視される傾向にあります。
  • ITアウトソーシング(ITO)に適した業務・適さない業務ITアウトソーシング(ITO)のメリット・デメリットは、BPO含めた難易度の低いアウトソーシングと同様ですが、さらにフォーカスし、ITアウトソーシングに向く業務と向かない業務や、委託したことによるメリットとデメリットをご紹介します。
  • サイバーテックの「ITアウトソーシング」サービス~日本品質・低価格・英語サポート弊社がご提供する「ITアウトソーシング」の特徴は、単純なオペレーション業務からハイスペックなスキルが求められる受託開発までを、東京本社・沖縄のニアショア拠点・フィリピン セブ島のオフショアセンターの3拠点による「総合力」にて、お客様の課題に「高品質」「低価格」「日本語コミュニケーション」全てを満たしたITアウトソーシングをご提供しております。

御相談、ご質問はこちら

サイバーテック お問い合わせ
お気軽にご相談ください

製品カタログ・セミナーでの講演資料など、豊富な資料がダウンロードできます

サイバーテック 製品カタログ 資料ダウンロード

最新事例の公開情報や、イベント・セミナー情報をお届け

サイバーテック メルマガ登録
pagetop ボタン