サイバーテック社長ブログ

2013年3月期スタート!

2013年3月期スタート!

2012年4月 4日

サイバーテックは3末決算。あっという間に前期が終了し、もう新しい期に突入している。そして、今年も新卒社員がサイバーテックに入社した。

昨年の入社式におおよその顔合わせはしているのだが、2日の朝礼であらためて紹介した。ウェルカムランチをした後、会社概要や製品の説明など、色々な話をした。
新人は今日から2ヶ月、外部研修機関でエンジニアとしての勉強をすることになる。そうすると、会社概要や製品の説明はその後でも良いんじゃないか?というのがおおよその意見かもしれない。

でもあえてこの時期にする理由は、研修時に例えば他社から来ている研修生から
「お前の会社、何やってるの?」
と聞かれた際に、
「何にも聞かされてないから分からないよ。」
という状態よりも、内容をちゃんと答えられるかどうかはさておき
「XMLDB云々をやってるという話だよ。まだ難しくて分からないけどね」
と言える方が、本人にとって少しでも嬉しいだろうから。

・・・といった具合に、日々スピーディに物事が進められていく。
その中でも、我々のような小規模の会社でも、期の切れ目は色々な事が多々出てきて、なかなかスパッとデジタルに切り替えることは出来ない。ということは、大きな組織は大変だろうなぁ・・・とつくづく思う。

例えば、新しい期のキックオフがいつになるか?

サイバーテックでは、営業系の情報共有は4月2日の朝に実施された。そして、海外拠点を含めた全体会議による今期計画のシェア、およびその後の懇親会は、4月6日に行われる。いわゆるキックオフ、というやつだ。

しかし、大きな企業では、全社キックオフが4月中旬や下旬になる、といった話はよく聞くところ。ではそれまでの4月上旬の半月分は、一体何がどう動いているのだろう?と不思議でたまらない。このあたりの期日が短縮されれば、もっとスピーディな経営が出来るのではないだろうか?
職業病的には、XML DBで何か出来る事は無いか?とすぐに考えてしまう。例えばスピーディな意思決定に不可欠なドキュメント類やナレッジの整理用データベースとして・あるいは柔軟なデータ化により、脱エクセル化を目指す、などなど。

ちなみに、サイバーテックにとってみれば、前期は色々な事があった。東日本大震災の影響もあり、どちらかというと悪い事の方が多かっただろうか。しかしそこから学んだ教訓もあり、会社としても、経営者としても強くなった感じがしている。

そして、すっかり垢を落としきった形で今期を迎えている。方法や考え方を根本的に変えた部分もある。今のところ、当面はマイナス要素は無く、今期は恐ろしいぐらい順調なのでは、という予感がする。

この流れが期末まで続けば、今期はすごいことになります(笑)

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.