サイバーテック社長ブログ

孫さんvs堀さん「公開討論会」

孫さんvs堀さん「公開討論会」

2011年8月 8日

先週8月5日(金)、ソフトバンク孫さんとグロービス堀さんの「公開討論会」に参加。

原発の賛成・反対や「政商」云々もむろん興味の対象だが、一番興味があったのは、孫さんのプレゼンテーション力を間近に感じることができる、ということ。ちなみに今まで直接孫さんの話を聞いたのが2回。1回目はビットバレーの最終回。2回目はEO例会のゲストで来場頂いたとき。

今回はTwitterの応酬があって、その結果「公開討論会」が開催されることになったようだが、そもそもの参加理由がそんな感じだったので、過去のやりとりをなんとなく理解している状態で参加した。

会場では、しっかり理論武装している堀さんに対して、情や正論をぶつけてくる孫さん・・・というのが大方の感想だったかもしれない。ただ、私見だが、本質としては「事業家としての孫さん」「国家を憂う堀さん」という風に私は感じた。

本題に戻ると、孫さんのプレゼンテーションで感じたこと。
・ゆっくり、はっきりとした口調
・声の抑揚がある(語る箇所と、熱をこめる箇所)
・間の取り方がうまい(沈黙のタイミングがある)
・わかりやすい単語
・枠組みを設けず、絶えずワイドな表現(「倒れるまでやる」etc.)
繰り返しになるが、鉄塔周辺の電磁波問題・・・等々、討論の内容はともかく、孫さんのプレゼンテーション力はすごかった。

◎おまけ
孫さんの帰り際を激写。おつかれさまでした。

孫正義

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.