サイバーテック社長ブログ

K-TAI2009

K-TAI2009

2009年8月 3日

今年もやってきました。ツインリンクもてぎで開催される、レーシングカートの祭典「K-TAI」。今年も5時間耐久レースとなる。チーム「Y's Speed」のドライバーとして今回も参加。

金曜日は公式走行会。翌日の決勝に向けて、セッティングなど準備万端で迎えたい。持ち時間は5時間。

まずは車検を実施したが、すんなりパス。
そのあとすぐにタイムアタックを開始するが、今回のために新しく組みなおされたエンジンが、明らかにパワー不足で、高回転まで回らず頭打ちになる現象が続き、タイムが全く伸びない。ギヤ比を変えてみたりしたが効果なし。

というわけで、急遽スペアエンジンに乗せ換え、走行時間終了30分前に再度タイムアタックを実施するが、今度はエンジンブローで走行終了。

これは、最悪の状態・・・

何が最悪かといえば、翌日の決勝は、調子の悪いエンジンの方を使わなければならず、しかもスペアエンジンに足りなかったパーツを元のエンジンから流用して積み替えたりしていたため、最終的に2個1のエンジンとなる。
・・・大丈夫かいな。

とりあえずエンジンはかかったが、セッションは終了し、時間切れで走行は出来ない。なので、セッティングを出すどころか、スタートできるかどうかさえ怪しい状態でサーキットを離れた。

そして土曜日の決勝。ぶっつけ本番のエンジンで果たしてスタートできるのか・・・

決勝前にある20分間のフリー走行は自分が担当。なんとかスタートはできた。エンジンのトルク・回転数・振動・水温などなど・・・に神経を研ぎ澄ませながら走行。
どうやら問題なさそう。これは奇跡に近い!セッティングもニュートラルステアで問題なし。
ということで、オープニングセレモニー後、無事スタートができた。
3名のドライバーで順調に周回を重ねていたが、自分の番がまわってきたので、マシンに乗り、ピットアウト。タイムは順調で、すぐに同クラスのマシンを1台パッシング・・・が、数周をすぎたころ、水温が徐々に上昇してきたので、セーブする走行に切り替える。通常走行時で3速を使うポイントで4速を使い、5、6速はハーフスロットルで走りながら、だましだまし周回を重ねたが、ついにエンジンがブローし、コース上でストップ。

レッカーでピットまで戻ってきて、復旧を図るが、熱でピストンが溶けてブローしたことがわかった。これは前日のエンジンブローと全く同じ現象・・・
スペアエンジンもなく、結果、完走できずにリタイアとなる。

ちなみに、この「K-TAI」は、ミッション付きのレースは今回が最後で、来年からはミッションなしのクラスのみになる。また来年こそ!と言えないのが、とても悔しい・・・無念。(>_<)

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.