サイバーテック社長ブログ

民主圧勝

民主圧勝

2009年8月31日

選挙前から、民主は過半数を超えることは確実で、3分の2を超えるかどうかが見もの・・・とは思っていたけれども、正直ここまで圧勝とは、意外だった。

テレビを見ていて、気になったのが「自民の重鎮が落選・・・」というコメント。

これって、重鎮(高齢となった、大物政治家の先生方)が自民にとって老害となり、審判が下されたことが明白。それって、過去にさかのぼると、郵政選挙で小泉元首相が「自民をぶっこわす」として大勝した流れが続いていると考えても良いのではないか。つまり、自民が抱えている過去のしがらみ・官僚との関係なども含め、高齢の先生方が運営する自民の、だらしない迷走に対してNOなわけで、これを機に自民党も高齢の先生方が引退し、若返り、政局ばかりを考えるのではなく、真に日本の将来を考えることができる政党にならなければ、本当の意味で復活することはありえないだろう。本当の復活とは、「支持される政党として復活する」ということ。

自民にまた政権が転がり込む理由として、民主が政権運営に失敗したら、ということがテレビでも言われているが、それっていつまでたっても「良い方を選択する」のではなく、「悪い方を選択しない」・・・つまり、政治不信から抜け出せない。

今回は民主支持の結果ではなく、自民に対するNO、という意見が反映されているので、民主もしっかり政権運営を目指して支持を受ける政党を目指してほしいし、自民も今回を機にスクラップ&ビルドをし、若返ってもらいたいと思う。

これからどうなるか・・・公共系の予算縮小(特に地方)はどんどん進むだろうから、底を打ったような経済に対しても、さらに2番底が来るのかな。明日の株価がどうかるかが、経済の行く末を示すと思われる。

さぁ、明日から、激動の時代の始まりや!

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.