サイバーテック社長ブログ

XMLコンソーシアムWeek

XMLコンソーシアムWeek

2008年6月 2日

6月2日(月)~6日(金)の期間、「XMLコンソーシアムWeek」が開催される。

その中で、XMLデータベースのトップベンダーとして、サイバーテックのメンバーが以下の3セッションに登場する。

XMLやXMLDBに興味がある方はもちろん、XMLとは何ぞや?という皆さんも、ぜひご来場ください!(^^)/


●6月2日(月)「異業種を連携させるXMLとクロスメディア」
16:30-17:30 「異業種クロスメディア提案~デモ」
・小野雅史(サイバーテック)
・奥田光江(共同印刷)
クロスメディア活用を提案書形式にまとめた「クロスメディア提案」の第2弾。1年前のWEEK発表では「Webを充実させるほど発行部数が落ち込む、出版社へのクロスメディアソリューション」を紹介した。今回はIT企業と印刷会社が作成したプロトタイプを顧客がレビューする場面設定で紹介する。

●6月5日(木)「XMLによる企業情報の蓄積と活用」
15:45-17:00 XMLDBベンダー・パネルディスカッション
「使っています、XMLDB」
パネリスト
・白井千晶(サイバーテック)
・松井浩二(東芝ソリューション)
・大沼啓希(日本アイ・ビー・エム)
・飯島岐勇(日立製作所)
・梅本真義(メディアフュージョン)
・松山憲和(PFUソフトウェア)
モデレータ 
・加藤哲義(ジャストシステム)
XMLDBベンダー各社のエキスパートをお招きし「使っています、XMLDB」をテーマに、各社製品のアーキテクチャから見る得意分野、代表事例をご紹介いただきながら、XMLDBの存在意義、市場拡大のための課題と戦略、ユーザやITベンダーへの提言などを本音ベースで熱くディスカッションします。

●6月6日(金)「プラットフォームとしてのWebで使われるXML」
「XMLDBアクセスのための共通インターフェースについて」
・山口洋一(サイバーテック)
・中林紀彦(日本アイ・ビー・エム)
・飯島岐勇(日立製作所)
本プロジェクトでは、他部会開発者はXMLDBアクセスするために、各製品の差違を吸収した共通インターフェースのあり方を議論し、Webサービス(REST)を設計する方式と、JDBCドライバを利用する方式を提示しました。その内容を各担当者から発表します。

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.