サイバーテック社長ブログ

シェアNo.1のXML専用データベースベンダー誕生!

シェアNo.1のXML専用データベースベンダー誕生!

2007年11月 2日

かなりブログの更新が滞ってしまい、「どうしたんですか?」と聞かれたことも多々。今回の件で慌しく過ごしていたのもあるが、思わず本件のことを書いてしまいそうになるのでちょっと更新は我慢しよう、と考えていたというのも理由。
NeoCore」事業を取得し、ようやく「No.1のXML専用データベースベンダーになりました!」という件を、正式にプレスリリースという形にて外部に公開させていただくことが可能となった。

サイバーテックがただ1種類のXML専用DB製品「Cyber Luxeon」のみを提供するベンダー、であれば、お客様に唯一の製品をぜひともご利用いただきたい、という考えが働き、結果として最適なものをご提案していない可能性もある(メーカーとしては致し方ないことかもしれないが・・・)
ただ、これからはお客様に「Cyber Luxeon」「NeoCore」それぞれきちんとメリット・デメリットをご説明し、最適なXML専用データベースをご提案することができるわけであり、しかもその市場で約半数のシェアを占めることになったわけであり・・・日本のXML専用データベース業界をしょって立つ企業として、非常に責任を感じている。

これからは、コーポレートサイト・それぞれの製品サイト・マーケティングサイト等をはじめ、このブログからも、製品提供側としてではなく、よりフラットな形で様々なXML専用データベースに関する情報や考えを、わかりやすく、正確に伝えていくことができればと考えている。

-----以下、本日コメントを出させて頂いた内容-----

◇◆◇XML専用データベース「NeoCore」事業取得のお知らせ◇◆◇


株式会社サイバーテックは、10月31日付けで三井物産セキュアディレクション
株式会社が行ってきた米Xpriori(エクスプリオリ)社製XML(エックス・エム・
エル)データベース『NeoCoreXMS(ネオコア・エックス・エム・エス)』の日
本国内総販売店事業を取得いたしました。

▽プレスリリース
http://xml.cybertech.co.jp/press/release_1031/index.php

▽NeoCoreXMSについて
http://www.neocore.jp/


◆◆ サイバーテックのXMLデータベース事業に対する取り組み ◆◆

私たちサイバーテックは、「ITによる社会貢献」を実現させるため、1998年に創
業し、企業理念を大切にしながら、「日本を代表する魅力的なITカンパニー」を
目指している会社です。その理念にある「顧客に最適なITサービスを広く提供す
る」ため、2001年から汎用的なデータフォーマット「XML」に取り組んできました。
XMLの特徴は、半定型データや変化しつづけるデータなど、柔軟性が求められるデ
ータを、融通の利くデータフォーマットとして扱えることです。
このような特性を生かし、XMLは電子カタログ・電子組版・製造業におけるBOMな
どの様々な用途に用いられてきました。
また、 Microsoft Office2007では、OOXML(Office Open XML)形式でのファイル
保存が標準となり、XMLファイルが無数に生成される環境が整ってまいりました。

このXMLデータをダイレクトに格納することができる「箱」が、XMLデータベース
ソフトウェアとなります。
このXMLデータベースという製品カテゴリはまだ誕生してから数年しか経っておま
せん。そのため、市場も非常に流動的なものとなっており、XMLデータベースとい
う定義も非常に曖昧なものとなっております。

テーブル型データがメインだがツリー型データも混在する、という場合は、「XM
L機能拡張型リレーショナルデータベースソフトウェア」を採用した方が理にかな
っていますが、ツリー型のデータが中心である分野・XMLデータありきの分野では、
XMLをハンドリングするための専用製品である「XML専用データベースソフトウェ
ア」を用いた方が、費用対効果的にも、検索・更新などのパフォーマンス的にも、
有利であることは言うまでもありません。

▽XMLデータベース事業への取組み
http://xml.cybertech.co.jp/company/xml_7/index.php

▽データベース適材適所-1
http://xml.cybertech.co.jp/pickup/1/index.php



◆◆ サイバーテックが提唱するXML専用データベースとは ◆◆

サイバーテックでは、XMLを取り扱う用途に応じて、2種類のXML専用データベー
スソフトウェアをご提供致します。「NeoCore」は、検索系・組み込み用途に向
いており、「Cyber Luxeon」は更新系・受託開発に向いております。場合に応じ
て、ユーザにより最適なXML専用データベースを提供することができる製品ベン
ダーは、サイバーテックが国内唯一の企業となります。

▽データベース適材適所-2
http://xml.cybertech.co.jp/pickup/post_23/index.php



◆◆ さいごに ◆◆

XMLがキャズムを越えなければ、それらを格納するXML専用データベースもキャ
ズムを越えることはありません。
私たちサイバーテックは、XMLの普及活動に取り組みながら、それらを格納する
XML専用データベースを提供することにより、間接的に豊かな社会の創造に貢献
してゆきたいと考えております。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.