サイバーテック社長ブログ

オフショア先視察(セブ島)

オフショア先視察(セブ島)

2005年10月 6日

数日前からフィリピンのセブ島に来ている。理由はオフショア委託先企業を視察するため。今ホテルの部屋に引いてあるLANケーブルを使ってネットに接続しているが、昨日繋がらなかったので、1階にあるネットカフェが提供している無線LAN接続サービスにてアクセスしようと、たどたどしい英語でやりとりしながらなんとか接続。色々と設定してもらいながら、なんとタダ。こういうサービスは日本にはあらへんなぁ。
オフショアが成功するかどうかは委託先企業にかかっているが、それだけではなく、その国をとりまく情報や文化を知ることが重要と考えている。従って今回はフィリピンという国を知る、ということを第一の目的として訪問した。フィリピンの置かれている環境や、セブという地域の特色など、非常に色々と勉強になった。一番驚いたのは、国民の平均年齢が17.5歳、ということ。ただ、人口はすごい勢いでふえているのだが、GDPがそれに追いついていないので、個人単位でみるとどんどん貧しくなる方向に向かっている。事実、そこいらへんは掘っ立て小屋みたいな家がたくさん並んでいる。その中で一部に富を独占する層がいるのだが、毎回こういった光景を見る度に、日本は平和ぼけやなぁ~とつくづく思う。
ちなみに町のあちこちにショットガンを持った保安官がいるのだが、日本で最近発生している空気銃発射の事件なんかかわいいもんや。
今回思ったのは、様々な国の文化を知るためには、英語でどんどん話せるようにならなあかん、ということ。色々と英語でトライしたが、注文ひとつとっても違うものが出てきたり、やたら数がたくさん出てきたりすることはしょっちゅう。
英語を話せるようになるためには日々の努力も必要だが、海外にもどんどん行かなければならない。帰国後、すぐに海外でも連絡が取れる携帯電話を持つようにしよ。
早いもので今日はもう最終日。明日は朝5時起きなので、そろそろ寝よっかな。

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.