サイバーテック社長ブログ

1泊2日の草津温泉

1泊2日の草津温泉

2005年3月27日

1ce2d1d9.JPG

昨日今日とかねてからのお楽しみ・草津温泉への1泊2日の旅行。
土曜日の朝、上野発の特急に乗り、長野原草津口からはバスで草津温泉に。吹雪の草津の中、なんとか宿を探して到着。宿の名前は桐島屋旅館。温泉やお部屋はとても良いが、不思議な宿でもあった。チェックイン後、止まらぬ私のしゃっくりを館主は`秘技の「気」´(ご自分でおっしゃる)で止めてくださった。
次に、温泉に入浴・・・石鹸がない。草津温泉の中でも桐島屋さんは強酸性のお湯のため、アルカリ性の石鹸を使用し入浴すると温泉の効力が半減してしまうそうだ。温泉には石鹸をつかえないのでただ浸かるだけ。湯はトロンとしているのだが、かなり硫黄が濃い。結局土曜日は4回も入浴した。
あと、館主の方の様々な研究結果などが書かれた冊子が部屋に置いてある。内容は、「一般に売られている湯の花は偽者」「マーガリンは体に悪い」「ピアスの穴を開けると人生は変わる、悪い方に!」などの主張が書かれており、私はしばらく夢中になって読みふけってしまった。なかなかユニークな宿だなと思う。
日曜は前日とはうってかわり快晴。前日吹雪でよく見えなかった湯畑もこの写真の通りよぉ~く見ることができた。湯畑のまわりをうろうろし、お土産を買ったり温泉饅頭を食べたりしたあと草津を後に。

社長ブログTOP / 過去の記事一覧

  • 技術標準・規格票データベース

年別記事一覧

次の記事

前の記事

©2003 CyberTech corporation ltd. All Rights Reserved.